忍者ブログ
www時代以前からInternetに居る人の、日常の1コマ。

おしらせ


当blogは、移転して更新しています。
移転先はこちら
Mon, Mar 27, 2017  07:42
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


Posted by yanma   Category:
Sat, Jul 19, 2014  23:13
映画ネタのエントリを書くのは実に6年半ぶり。
まぁ、更新してなかった時期に見た映画も何本か有るハズなんですけどね。

グランド・ブダペスト・ホテル

話の展開がイギリス風味、景色の展開が東欧風味。
それもそのはず、英独合作なんですね。

アメリカ式の派手さは無いけれど、その分「じわじわくる」展開。
ハリウッドとは別の意味で、目が離せない進行です。
でも濃すぎて字幕だけだと追い切れない感じもしますので、
英語原音で楽しむか、もし出ればDVD吹き替え版で観るか…
PR

Posted by yanma   Category:映画感   comments:0
Sat, Feb 02, 2008  11:58
アース

ん~…
これを映画の尺で観る、ってのはちょっと疑問が残るかも。
National GeoGraphicで充分なんじゃないかと…

Posted by yanma   Category:映画感   Trackbacks:0   comments:0
Mon, Jan 14, 2008  23:34
ボーン・アルティメイタム

さてさて。
レイトショー時間帯に突入、本日5本目の映画です(笑)

追われる男、追う組織。

組織が誰かを抹殺しようとしていると言うことは、
間違いなく、何か悪さをしてそれを隠そうとしてるのは組織の方である。

簡単なこと、組織が悪くないのなら、
単純に法的措置を講じればよいだけなのだから。

しかし…強大な組織ほど、
上層部の内部犯はあるのかもしれませんね。
追及の手が回ることなんか無いと思って、好き勝手やっているというか…

Posted by yanma   Category:映画感   Trackbacks:0   comments:0
Mon, Jan 14, 2008  20:46
恋空

本日4本目。
おもいっきり、映画館に籠もってる筆者です(笑)

いやはや…現代恋愛劇には、ケータイは必須アイテムになってきた感がありますね。
とは言え、布団に籠もって朝まで電話してたら流石に途中で電池切れるだろう、
なんてツッコミたくなったのはおいといて。
あのシーン、充電アダプター繋がってなかったよなぁ…まぁいいか。

何て言うのかな、
気を惹こうとすることと、実際好きになることと、
あるいは、
気持ちを離そうとすることと、実際嫌いになることと、
そういったところの矛盾というか。

自分の周りのことは考えられるけど、
踏みにじられる他人のことは考えられない連中とか。

相手の立場を想像し、バランスのとれた行動が出来れば良いのだろうけれど、
思春期世代にそこまでを求められるはずもなく。
だからこそ、思春期恋愛の一喜一憂もあるのだろうし、
暴走する若者もいるのだろうけれど。

しかし…
後先考えて手段打ってからやることやれよと(笑)

Posted by yanma   Category:映画感   Trackbacks:0   comments:0
Mon, Jan 14, 2008  18:02
ALWAYS 続・三丁目の夕日

えー、
公開からだいぶ経ってる気もしますが(汗)
年末ドタバタしてて観損ねていた作品を観てきました。

今ほど豊かではない時代。
生き抜くのに精一杯だった時代。
そして、町全体にまだ人の温かさがあった時代。

こうして、自身が生まれるよりも更に昔の時代を振り返ってみると。
今の時代、確かにいろいろなものが進化して、便利になっている。

しかし、便利な進歩を遂げた分で浮いた力を、
あまりに利己的に浪費してはいないだろうか。

別に、偽善的慈善事業とかに力を割こうなんて話をしているわけではなくて。
助け合い協力し合うどころか、何者か判らないから身を守り固めたりして、
あまりにも、殺伐とした世の中になってはいないだろうか。

それは、人類の生活する密度が上がったせいかもしれない。
人口集中によって物理空間が狭くなるだけでなく、
通信網の発達によって、情報距離もどんどん短縮されてきている。

文明がこれだけ発達した今、
昔の文化レベルに戻って素朴に暮らしましょう、は無理な話。
しかし、便利になって浮いた分の力から、殻を作ることをやめさえすれば、
他人を過剰に疑うことをやめ、協力し合うことを思い出しさえすれば、
世の中もっと平和になるのではないだろうか…

それにしても。
日本橋の上に高速道路が通るなんて、
当時の風景からは想像も付かないですね。
今となっては、山手通りの地下に高速道路が通っても
大して驚きもしない時代になってしまいましたが。

Posted by yanma   Category:映画感   Trackbacks:0   comments:0
Mon, Jan 14, 2008  14:22
銀色のシーズン

さて、続いては、
先日封切りになった、雪山ストーリー。

今シーズンまだ雪山に行っていない筆者。
来週あたりそろそろ行こうかなぁ。

とまぁ、それはともかく。

やっぱり、何かに挑戦し続ける、ってのは重要だと思うとですよ。
順位の勝ち負けじゃなくて、自分への挑戦と、挑戦し続ける楽しみ。
というか、遠くに見定めた目標に向かって進んでいくから、
多少のつらさもまた楽しみになるのであって。

スキー歴、ようやく3シーズン目に入ろうかという筆者。
これだってチャレンジであり、新しいことが出来るようになるのが楽しみであり、
足元ばかり見てたってダメ、は身をもって実感したばかりでもあり。
ろくに滑れもしないのに、日がな一日滑り続けてたのも、つい最近の実体験。

やや苦笑しつつ。
あー。雪山行きたくなってきた(笑)

Posted by yanma   Category:映画感   Trackbacks:0   comments:0
Mon, Jan 14, 2008  11:58
茶々 天涯の貴妃

歴史はその視点によって様々な側面を見せるわけですが、
これは淀の方、秀吉の側室から見たお話。

時は戦国時代、織田・豊臣・徳川という最後の激動の世。
肝が据わっていないと生き抜いて行けない時代ですね。

いやはや…今の時代、
こんなに肝の据わった立ち振る舞いの出来る人は、
なかなか居ないでしょう。男女問わず。
というか、当時でもなかなか居ない逸材だと思いますが。

今の時代、だいぶ甘い世の中であると同時に、乱れた世の中でもあり。
このくらい肝を据えて世の中渡っていきたいな、などと考えた筆者でした。

いやーしかし、鎧に着替えたシーン、
流石は宝塚出身といったトコロですかね。

Posted by yanma   Category:映画感   Trackbacks:0   comments:0
Sun, Jan 06, 2008  21:28
魍魎の匣

箱の中身。
閉じられ、外界と隔離されたその四角い空間の中には、
何があるのだろうか。

それは、その箱という隔離空間を求めた者ごとに、
さまざまな様相を呈する。

作中にもさまざまな箱が登場するが、
それぞれの箱に込められた意味を考えていくと、なかなかに興味深い。

しかし…
それぞれの箱から漏れ出ずる、放射能のごとき様々な想い。
げに恐ろしきは、人の生き霊とも言える、怨念かな。

くわばら、くわばら。

Posted by yanma   Category:映画感   Trackbacks:0   comments:0
Sun, Jan 06, 2008  18:53
アイ・アム・レジェンド

ぼろぼろの閉鎖地区に、燃料やら食料やらがどうやって供給されて居るんだろう…
というのはまぁ、数百万人居たはずの場所に1人しか居ない状況では余裕なほどの量の
保存性に優れたモノが都市内にあるんだろうな、ということにしておくとして。

感染性ゾンビですよ。
人ゾンビも犬ゾンビも居ますよ。

アリス(ミラ・ジョヴォヴィッチ)は出てきませんが。(笑)

しかしまぁ、
孤立無援、生存者1名というこの状況。
精神的ストレスというのは、かなりのものだろうな、と。

近くにいる、助けるべきは皆ゾンビになってしまっていて。

助けるための研究には、助ける対象も実験サンプルにしなければならないし、
サンプルの捕獲を阻止しようとする、別の対象も排除を余儀なくされたりして。

それでどこまで助けたと言えるのだろうか、なんて疑問も
筆者としてはわいてくるのだけれど、
それでも全放置では、何も助からないわけで。

タフだなぁ。いろんな意味で。

Posted by yanma   Category:映画感   Trackbacks:0   comments:0
Sat, Jan 05, 2008  15:37
ナショナル・トレジャー

遺跡発掘冒険譚、と言ってしまえば、
パラマウントのインディー・ジョーンズとかを思い出すわけですが。
ロゴ・オーバーラップ・スタートとかも含めて。(笑)

ちなみに、
ブラッカイマーは木
パラマウントは山
なわけですが。

しかしまぁ、よくもこんなに黄金伝説が転がってるモンだ…
やっぱり棚ぼた一攫千金はロマンなんでしょうかね。

という話はともかく。

無茶なことをやると言っても、無策の無茶ではなくてちゃんと策のある無茶ってのは、
リスクに見合う対価を得られる行動だなと思うわけで。

何かに直面したときに、「いやそりゃ無理だろう」と思う前に
「無茶だけど可能かもしれない」かどうかを見極めることが
重要なんじゃないかな、と。

無茶だけどまぁ可能、でも結果がナンセンス、という
電波少年的な発想はあまり好きではない筆者ですが、
マジメな突撃取材とか、本作のストーリーのようにその行動が重要な意味を持つとか、
そーいうパターンであれば大いに挑戦する価値はあると思うとです。

あとは…
おやくそく、をひっくり返す小ネタとかで、見てる側の緊張をほぐしてくれたり
細かい演出が筆者的には好みですね(笑)

Posted by yanma   Category:映画感   Trackbacks:0   comments:0
Fri, Jan 04, 2008  22:28
椿三十郎

椿、って、
花びらが散っていくんじゃなくて花の根元からポロッと落ちるところから
「首が落ちる」っていう連想が…なんて話を聞いたことがありますが。

忌むのは後世のこじつけで、実際には手入れ不要の手軽さがウケていた、
なんて話もあったりして、どっちが真実なのやら、って感じですね。

とまぁ、花の方の話はそれくらいにしておいて。

破天荒な一匹狼たちの織りなすストーリーと、
いかにもな感じの青侍たちのオロオロ感と。

筆者がふと思い出したのは、「八丁堀の七人」だったりして。

しかしまぁ、
一部で不正に私腹を肥やしたところで、
それが発覚しなければ、とりあえず見かけ上は平和なわけですが。
安直に私腹を肥やす側に、人は流れやすいですし。

でも、見かけ上だけではない、真の平和というのは、
不正に肥えた部分のない、かといって完全平均分配でもない、
対価としての平等性の保たれた世界なんじゃないかなぁ、と。

だからこそ、私腹を肥やそうとする連中の悪巧みを叩き潰すほうを
正義と称するのだろうなぁと。

あんまりそっち方向に話を引っ張ると、
貨幣経済が云々とかいってエンデの遺言のような話になってしまうので
このへんで軌道修正にしますが。

破天荒でも生き抜いていけるだけの技と機転は身につけたいなぁと、
そんなことを思った、筆者でした。

Posted by yanma   Category:映画感   Trackbacks:0   comments:0
Tue, Dec 18, 2007  22:57
夜鷹。
って意味違っちゃいますね。

ミッドナイト・イーグル

国家機密級のステルス機が絡んだ事件。

「隠し通す」ことで、混乱はどこまで抑えられるのか。
危険はどこまで防止できるのか。
危機管理として、どんなアプローチが正しいのか…

戦争と平和。
極限状態を見た者は、何を考えるのか。
戦うか、退くか、
守るべきモノとは何なのか…

特撮モノっぽい外観のミサイルとか、
ディテールが微妙なところはあるけれど。
ストーリー的には、結構見入ってしまいましたね~。

Posted by yanma   Category:映画感   Trackbacks:0   comments:0


<< 02 2017/03 04 >>
SMTWTFS
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
Attention Please
2014夏、最近またBlog書いてます。

現在のお仕事は音声収録編集をメインに
音響屋だったり舞台裏いろいろだったり。
インターネットラジオ等で喋っていたり
声優・役者・ナレーションなどなど表方までも。

お仕事ご依頼の方は、下の方にあるMailFormからどうぞ。

mixiとか検索エンジンとかから
個別記事にとんできた方は
Top Pageにも寄ってくださいネ~♪

Comment大歓迎♪
Search from Archive
Search by Google
Google


WWWを検索 blog内を検索

Profile
yanma
♂、38歳、独身。蟹座、B型。静岡出身。

拠点を静岡に移し、スタジオ設立。
録音ブースにて収録エンジニアをしたり、
録音機材を持って出張収録に行ったり、
カメラマンとして撮影に出かけたり。

4代目愛車のSERA改6MTももう20年超え。
普段はセカンドカー2代目、R2(CVT)。

ぱそこん歴は25年超。Internet歴もそろそろ20年。
Win/Mac両刀使い。最近はMacがメイン。

prof写真は、実家に造り込んだバーカウンターにて撮影。
グラスの中身は、撮影用なので酒じゃないですが…
でも、お酒も好きですよ♪

私宛に何か連絡をしたい方は…
もーちょっと下にあるMailFormから
お問い合わせクダサイな。

静岡の収録スタジオ
Studio YETI Ltd
スタジオ・イエティ
Twitter
Categories
Comments
自粛のお知らせ  [04/01 OTOE]
dhw卒制展  [12/12 美羽希]
デジハリ大で特別講師  [08/31 いのちゃん]
かみまりDuoライブ  [02/04 mari]
警察屋さんも大変だ。  [02/01 つかっぺ]
警察屋さんも大変だ。  [01/31 yanma]
ボンベイ  [01/29 yanma]
自作!  [01/29 yanma]
ボンベイ  [01/06 つかっぺ]
自作!  [01/06 モニカ]
自作!  [01/06 misney]
自作!  [01/06 猫屋敷]
Archives
Syndicate this site
Tools
フィードメーター - なんとなくyanma。

Powered by sidefeed

Powered by NINJA TOOLS
Mail to yanma:
筆者へのメールはこちらからどうぞ☆