忍者ブログ
www時代以前からInternetに居る人の、日常の1コマ。

おしらせ


当blogは、移転して更新しています。
移転先はこちら
Tue, Jul 25, 2017  05:44
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


Posted by yanma   Category:
Tue, Jun 12, 2007  21:10
プレステージ

故意か偶然か、
トリックか科学か魔術か、
興業か偉業か勝負か、
表の華々しさか、裏のドロドロか、

枝分かれした道のどちら側に立っているのが、本当の自分なのか。

支払われる犠牲という対価、
道を見失うプロセス、
観衆の歓声を偉業への賞賛として受け陶酔するところに潜む、人生の罠。
PR

Posted by yanma   Category:映画感   Trackbacks:0   comments:0
Sun, Jun 10, 2007  22:10
あるスキャンダルの覚え書き

自由、
孤独、
心の隙間。

枯渇感に突き動かされ、道を見誤る。
正論に対しても、牙を向ける。

そして、堕落。


一方、
その堕落を前提に、支配を企む輩。
正論のフリをした、邪なアプローチ。

邪念は露見し、諸々を失う。


いずれも、エゴによる視野狭窄。

その狭窄に嵌るのも解らなくはないが、
もっとも嵌りたくないモノの1つでもある。

    Continue...

Posted by yanma   Category:映画感   Trackbacks:0   comments:0
Fri, Jun 08, 2007  23:50
パッチギ! LOVE&PEACE

自らの意志で守りたいと思うモノに対して、体を張り、命を賭す。

作中に登場する、大東亜共栄圏内の徴兵とか、
特攻隊映画ともとれる劇中映画「太平洋のサムライ」とか、
自由意志を越えたところで命を賭さざるをえないのとは違う、何かがある。

生き抜くため、あるいは何かを守るため、
自ら進んで泥をかぶることも辞さないところにある、輝き。

誇れるような泥ではないこともままあるけれど、
そこには、ヒトが生きているという実感が、ある。

Posted by yanma   Category:映画感   Trackbacks:0   comments:0
Fri, Jun 08, 2007  21:20
そのときは彼によろしく

何かを待ち続けること、本当に大丈夫なのかという不安。
それらに打ち克ち、進むこと。

spanの短い、一般的なものとしては、睡眠。
spanの長いものの代表として作中に出てくる、鬼蓮の種。
そして…本作のキーとなる話。

もちろん、そんな極端なモノばかりではなくて、
普通に生活している中にも、不安なんて山ほどあるんだけど。

決定的崩壊や物理的破損といった、
きっぱり割り切って次っ、ていう話でなければ、
そこには一縷の望みと大きな不安が生まれます。

それを乗り越えていくパワーと、
その先にある感動を垣間見せてくれる一本ですね。

Posted by yanma   Category:映画感   Trackbacks:0   comments:0
Thu, Jun 07, 2007  19:00
俺は、君のためにこそ死ににいく

みーんな、素晴らしか、美しか若者たちでございもした。

って、確かに、
人生の枠の中で精一杯生きることとか、
何かを守るために命を投げ出していくとか、
飛び立っていった若者たちの表側だけ見れば、
確かに美しく素晴らしい側面もあるかもしれません。

しかし、
そういう若者たちの命を利用し、特攻を指揮した側、
戦時洗脳体制とでも呼べるような、特殊な環境、
そして、映画では描かれていない、
特攻志願者をつのる施設の話。

そういう、どろどろした側面があるのが、戦争。
まぁ、ある種の嘔吐感を伴うような話ばかり並べても
なかなか感動作にはならないわけですが、
そういう側面もある、ということを忘れずにいたいと、
筆者は思います。

Posted by yanma   Category:映画感   Trackbacks:0   comments:0
Thu, Jun 07, 2007  15:50
大日本人

どこかに居そうな日本人、的な特性をかき集めたようなキャラ。
多数派ってわけじゃなくて、存在量とインパクトを掛けて大きい方を採ったような感じ。
ある種、非凡である。(笑)

それだけならまぁ日本人なわけですが。
それが、大きくなって、戦うのだ。
がんばれ、日本人。(笑)

監督・ばんざい!はおもいっきりたけし世界、
本作はおもいっきり松本世界。
監督、と言う点から対比して観るもまたヨシ、といったところでしょうか。

Posted by yanma   Category:映画感   Trackbacks:0   comments:0
Wed, Jun 06, 2007  23:58
女帝 エンペラー

愛とか憎しみとか権力とか復讐とか背徳とか言うよりも、
それらがもっと濃縮された、理性とエゴの火花ですね、これは。

燃えさかる炎、その奥に潜む甘美さ。
そして、その炎が周囲に刻む、爪痕。
あまりにも強いその炎は、どこまで焼き尽くすのか…

Posted by yanma   Category:映画感   Trackbacks:0   comments:0
Wed, Jun 06, 2007  21:25
リーピング

旧約聖書に登場する10の災い、に沿った厄災が起こっていく恐怖。
信じるべきモノの選択に迷い、悪魔に利用されていく。
そこにあるのは、畏怖と服従なのか、恐怖と被支配なのか…

日本で恐怖と言ったら怨念とか悪霊とかだし、
聖書は基礎知識の枠の外なので、
これがもし邦画だったら、The Ringみたいなことになるのかなー、
とか思ってみたり。

本作はアメリカ製ですし、その辺は問題無く(?)怖いですね。

Posted by yanma   Category:映画感   Trackbacks:0   comments:0
Tue, Jun 05, 2007  23:57
スモーキン・エース 暗殺者がいっぱい

ひとりのターゲットに掛けられた、高額な報奨金。
それを狙って、ならず者たちが集まる。
集まった連中は…ターゲットも狙うが、他のチームの足も引っ張る。

まさに、船頭多くして、船、山に登るですな。
しかも、高額報償というエサで、船頭を増やしてしまっては、
どうにもなりませんね。

陰謀とエゴと策略と誤解の渦巻くにわか戦場の行く末は…
全てのエゴがぶつかり合い、全てのエゴが砕け散る。

Posted by yanma   Category:映画感   Trackbacks:0   comments:0
Tue, Jun 05, 2007  20:55
監督・ばんざい!

ギャング映画を封印し、
撮った映画はギャグ映画。


とでも言ったところでしょうか。

前半は、短編をあれこれ撮っていく監督の葛藤、というか、
脚本さえマトモにセレクションすれば、どんな映画でも撮れそうだなー、
と思わせるほど、技巧的には問題なさげで。
でも、セレクションしてくる脚本が、どーもギャグ路線。

映画好きに贈る…というか、
いろんな映画をパロってるから、元を知ってたほうが楽しめるというか。

後半はそれでも1本のストーリーにまとまってくるんだけど、
前半であれこれやったことが伏線として絡んできたりして。

北野の脳と、ビートのスタンスがミックスされた、
アタマを使うバカ映画、とでも言ったところでしょうか。

単純に笑うもヨシ、複雑に絡むストーリーを追うもヨシ、
っていうのは微妙にニッチな気もしますが(笑)

Posted by yanma   Category:映画感   Trackbacks:0   comments:0
Tue, Jun 05, 2007  18:50
秒速5センチメートル

lowteen、highteen、そして成人と、
初恋的な純情を綴る3連作。

現代的大人になるにつれ、忘れていくような切なさと言うのかな、
ほのかに甘酸っぱくてかつほろ苦い世界、とでも言うのかな、

大作映画的な「おぉっスゲェ~」というのは無いけれど、
心に響く名作ですね、これは。

Posted by yanma   Category:映画感   Trackbacks:0   comments:0
Tue, Jun 05, 2007  17:35
主人公は僕だった

実体験をベースに脚色して、自分を主人公にして小説化する…
というのは聞く話ですが(以前、筆者もやったことがあります ^^;)
これは、別の誰かが書いている(進行中の)小説とリンクしてしまう男の話。

しかも…小説のエンディングは、主人公は死んでしまうという筋書きで。

迫り来る死の運命、死に対する葛藤、
そのカギを握っている小説家へのアプローチ…
意に反して何かを失いつつある時の、ヒトの行動。

それが空想の世界だけの出来事なのか、
現実とリンクしている出来事なのかは定かではないけれど、
誰かの運命の鍵を握る立場。
ヒトは果たして、誰かに対して悲劇を突き付けることが出来るのか。

心の深淵を覗き込むようなストーリーですね。

Posted by yanma   Category:映画感   Trackbacks:0   comments:0


<< 06 2017/07 08 >>
SMTWTFS
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
Attention Please
2014夏、最近またBlog書いてます。

現在のお仕事は音声収録編集をメインに
音響屋だったり舞台裏いろいろだったり。
インターネットラジオ等で喋っていたり
声優・役者・ナレーションなどなど表方までも。

お仕事ご依頼の方は、下の方にあるMailFormからどうぞ。

mixiとか検索エンジンとかから
個別記事にとんできた方は
Top Pageにも寄ってくださいネ~♪

Comment大歓迎♪
Search from Archive
Search by Google
Google


WWWを検索 blog内を検索

Profile
yanma
♂、38歳、独身。蟹座、B型。静岡出身。

拠点を静岡に移し、スタジオ設立。
録音ブースにて収録エンジニアをしたり、
録音機材を持って出張収録に行ったり、
カメラマンとして撮影に出かけたり。

4代目愛車のSERA改6MTももう20年超え。
普段はセカンドカー2代目、R2(CVT)。

ぱそこん歴は25年超。Internet歴もそろそろ20年。
Win/Mac両刀使い。最近はMacがメイン。

prof写真は、実家に造り込んだバーカウンターにて撮影。
グラスの中身は、撮影用なので酒じゃないですが…
でも、お酒も好きですよ♪

私宛に何か連絡をしたい方は…
もーちょっと下にあるMailFormから
お問い合わせクダサイな。

静岡の収録スタジオ
Studio YETI Ltd
スタジオ・イエティ
Twitter
Categories
Comments
自粛のお知らせ  [04/01 OTOE]
dhw卒制展  [12/12 美羽希]
デジハリ大で特別講師  [08/31 いのちゃん]
かみまりDuoライブ  [02/04 mari]
警察屋さんも大変だ。  [02/01 つかっぺ]
警察屋さんも大変だ。  [01/31 yanma]
ボンベイ  [01/29 yanma]
自作!  [01/29 yanma]
ボンベイ  [01/06 つかっぺ]
自作!  [01/06 モニカ]
自作!  [01/06 misney]
自作!  [01/06 猫屋敷]
Archives
Syndicate this site
Tools
フィードメーター - なんとなくyanma。

Powered by sidefeed

Powered by NINJA TOOLS
Mail to yanma:
筆者へのメールはこちらからどうぞ☆